2015.06.12100歳まで元気に歩こう

『100歳まで元気に歩こう! 第5回 靴選びの重要性 ~靴の影響力~』

 

h01

足のトラブルの多くは、足に合っていない靴が原因になっているといっても過言ではありません。
靴は本来足を守るために履くものですが、靴文化の短い日本は諸外国にくらべると靴に対する意識が低いようです。
そのため、足を守るどころか、靴を履くことで足を痛めている人もたくさんいます。
きちんと足に合った靴は、足を守るだけでなく、足の機能・体の機能を高めることもできます。
健康に歩き続けるためにも、靴選びは慎重に行ってください。

 

■靴選びのポイント

1.足のサイズを知る

足のサイズは「足長」と「足囲」があります。
・足長 … かかとから足の一番長い指の先まで
・足囲 … 親指と小指の下の一番幅が広い所をぐるりと一周測った長さ

「足長」と「足囲」の組み合わせで、靴のサイズは決まります。

 

2.試し履きをする

サイズ表示は同じでも履き心地はさまざまです。必ず試し履きをしてください。
1.まず、かかとに合わせて履き、指先の余裕・甲まわりやかかとのフィット感を確認します。
2.必ず、歩いたときの感覚も確認してください。
紐靴の場合は紐を結んでから、ベルトがある場合はベルトを締めてから歩きます。
3.靴下の厚さでも履き心地は変わりますので、ご注意ください。
photo1

 

■靴のかかとは重要です

靴のかかとは足を支える大事なパーツです。 靴選びのときには必ずチェックしましょう。
最初からかかとの部分が柔らかい靴や踏みつけて潰れてしまった靴はサポートの役目をしてくれません。

photo2 やわらかすぎる靴

photo3 かかとがつぶれた靴

 

■転倒予防の靴選び

履きやすい、脱ぎやすいとの理由から選ばれることが多いつっかけタイプの履物。
脱ぎ履きの多い日本の生活環境ではしかたのないことですが、かかとがない履物はやはり安定感に欠けます。
室内、室外関係なく転倒事故の原因が、つっかけ・スリッパなど履物であることは多いようです。
とくに高齢者の転倒事故の5割は室内で起きているというデータもありますので、室内での履物も安定感がありサイズが合ったものを選ぶよう心がけてください。

 

salon_title

フットケアサロン カノン
愛媛県松山市本町6丁目6-7 ロータリー本町
TEL 089-908-9081
【ブログ】http://ameblo.jp/footcare-de-smile
【HP】http://www.footcare-kanon.com
photo0 小野めぐみさん

  • 愛媛の介護施設検索
  • 医療・介護ニュース
  • 就職・転職サービス
  • 愛媛の介護施設検索
  • 医療・介護ニュース
  • 就職・転職サービス
リンク:愛媛の介護施設検索
リンク:愛媛の介護施設検索

最新記事

2020.07.15
介護施設を良くするために「3万円」でできることって何だろう?
2020.07.03
2020年9月のセミナー・研修情報
2020.07.01
2020年6月 メディカサイトランキング
2020.07.01
第159回カリスマスタッフ グループホームOneLife 介護職員 乗松小百合さん
2020.06.22
メディカサイトセミナー・講演一覧 2020年

人気記事

    介護施設を良くするために「3万円」でできることって何だろう?
    2020.07.15 に投稿された
    介護施設を良くするために「3万円」でできることって何だろう?
    「グループホームすみれの和(なごみ)」オープンのご案内|松山市
    2020.02.17 に投稿された
    「グループホームすみれの和(なごみ)」オープンのご案内|松山市
    メディカサイト「ブログ」連動掲載サービス
    2020.04.24 に投稿された
    メディカサイト「ブログ」連動掲載サービス
    今、強化が求められている「基幹型地域包括支援センター」の仕事!
    2016.11.4 に投稿された
    今、強化が求められている「基幹型地域包括支援センター」の仕事!
    新型コロナウイルス対策「オンライン面会」|コロナに負けるな!
    2020.05.19 に投稿された
    新型コロナウイルス対策「オンライン面会」|コロナに負けるな!
To Top.